QGISを使ってみましょう(4)
(3)はこちら (5)はこちら

QGISを使ってみましょう

動画14-QGISでモバイル用にシェープファイルを指定した範囲に切り取りました。

広範囲のベクタデータ(シェープファイルshp)を取り扱うには、それなりの性能を持ったパソコンが良いわけですが、コストを抑えてモバイルGISを実現しようとした場合には、扱うデータを軽く(小さく)する方法が良いと思います。
そこで、日光市全域のデータを市街地周辺の範囲に切り取ってみました。

TOPへ

動画15-QGISでモバイル用に切り取ったデータを見やすく仕上げました。

モバイル用に切り取ったベクタレイヤのスタイルを設定して見やすく仕上げました。

TOPへ

動画16-QGISでモバイル用データを使用して現地編集、写真を登録編

必要な範囲に切り取ったシェープファイルを使用してモバイルGISの現地編集を行いました。
撮影した写真のタブレットへの転送には、無線LAN搭載の東芝FlashAir(16GB)を使用しました。

TOPへ

動画17-QGISで基盤地図情報データを3Dビュー表示編

基盤地図情報の基本項目と標高メッシュデータを使用して3Dビューを作成しました。
作成されるファイルはhtmlとJavaScript、cssなのでインターネットブラウザで表示と操作をすることが出来ます。

TOPへ

動画18-QGISでWiHiモバイルルータでオンライン地理院タイル現地調査編

TOPへ