HO_CADPao FAQ

三斜とヘロン面積計算(3D面計と平均地盤計算HO_CADpao.xls)

概要

ここに説明する面積計算は、図面に面積計算を行う範囲を三角形に区切って、三斜面積計算とヘロン面積計算を実行するシステムです。(自動三斜機能はありません)
高さ(Z座標)を持っている測点を使用して三角形に区切った場合には、水平面積と斜面面積のどちらか選択して計算する事が出来ます。また、計算範囲の地盤の平均計算(三角形の面積による重量平均)も計算出来ます。
 三斜面積計算は高さが入力されている場合でも水平面積計算になります。

手順 高さ(Z座標)を考慮する場合の例

1.【測点データを入力します】

最初に面積計算を行う範囲の測点データ(X,Y,Z,)を登録します。

1-1測点一覧表から入力

測点一覧表に入力
【図1】ツールパネル[測点一覧表]から測点データ(測点名、X座標、Y座標、標高(Z座標)、・・・)をキーボードから入力して測点を登録します。
また、測量データ共通フォーマット(SIMA)を[ファイル]メニューから取り込んで登録する事も出来ます。
SIMAファイルのインポート
【図2】(1)測点一覧表でSIMAファイル等のデータが有る場合にはインポートする事が出来ます。

1-2図面からマウスで拾って入力

マウスで拾う
【図3】コマンドパネル[測量b]-[測点編集(L)]-[図面から拾う(R)]
登録したいポイントをマウス指示すると測点-**ダイアログが表示されてクリックした位置の座標値が入力されています。この点の標高(Z座標)をキーボードから入力して[OK]すると、この測点が登録されます。

1-3座標系原点と北方向を設定

面積を計算する範囲が図面用紙と比較して適当な配置となっているのかを確認して、移動が必要な場合には座標原点と北方向の設定を行います。その方法はコマンドパネル[測量b]-[座標系設定]で設定を行う事が出来ます。

2.【面積計算の範囲を三角形に区切ります】

線引コマンドで三角形を作図していきます。

計算範囲作図中
【図4】コマンドパネル[線引X]
計算範囲の測点を順次マウス[読取R]で作図していきます。
計算範囲の三角形の作図完了
【図5】計算範囲の線引き作業完了
面積計算に必要な三角形の作図が完了しました。
この作業は、三斜面積計算(底辺×高さ)とヘロン面積計算(a,b,c)に共通です。また、計算の順番は後述3.のペイントフィーチャを作成した順になります。

3.【面積計算する番号順にペイントフィーチャを作成します】

ペイントフィーチャの作成は[枠線マウス指示]と[リージョンをマウスで作成]のどちらで作成しても大丈夫です。[枠線マウス指示]は作図されている線分(三辺)を順にマウス(L)で指定します。[リージョンをマウスで作成]は三角形の頂点をマウスで指示します。

番号順にペイントフィーチャを作成します
【図6】面積計算の順にペイントフィーチャを求積範囲全てに作成します。
ペイントフィーチャ完了
【図7】ペイントフィーチャの作成が完了した画面です。
TOPへ

4.【Excelを起動して面積計算を実行します】

「3D面計と平均地盤計算HO_CADpao.xls」を開きます。

三斜ヘロン面積計算の画面
【図8】「DATA」シートの[三斜ヘロン面計]ボタンをクリックすると、[三斜ヘロン面積計算]画面が表示されます。

最初に三角形のペイントフィーチャが作図されているレイヤ名と底辺・高さを書き込むレイヤ名を確認して、レイヤが異なる場合にはリストから選択して変更します。 (レイヤの初期値は現在の書き込みレイヤが選択されています)
求積表に作図されるタイトルの地番もしくは名称を入力し、その他の文字サイズなど変更が必要な場合は変更します。以上の作図条件の確認が終了したら、
[三斜開始]----「底辺×高さ」の三斜面積計算を実行
[ヘロン開始]---三辺によるヘロン面積計算を実行
[3Dヘロン開始]-高低差を考慮した斜面のヘロン面積計算を実行
[平均地盤計算]--計算範囲の平均地盤高の計算を実行
[終了]------この画面を閉じて終了します

計算完了の画面
【図9】計算が完了すると左図の画面になるので[OK]をクリックし、続いて[三斜ヘロン面積計算]画面の[終了]ボタンをクリックして面積計算は終了しました。
まだHO_CADPao図面に求積表の配置は完了してないのでHO_CADPaoウインドをアクティブにします。(前面に出す)
求積表をマウスで掴んでいる状態
【図10】HO_CADPaoのウインドに切り替わると作成された求積表をマウスで掴んでいる状態になります。
配置したい箇所をマウス指示[任意L]/[読取R] すると求積表を希望のところに作図する事が出来ます。
求積表の作成と配置が完了
【図11】HO_CADPaoのウインドに切り替わると作成された求積表をマウスで掴んでいる状態になります。
配置したい箇所をマウス指示[任意L]/[読取R] すると求積表を希望のところに作図する事が出来ます。
図面上に辺長、番号、求積表の作図が完了しました
【図12】図面上に三斜番号・辺長・底辺・高さ、三斜求積表が作図されました。
今回は、[三斜開始]ボタンをクリックして三斜面積計算を行いましたが、この時に[3Dヘロン開始]ボタンをクリックすれば高低差を考慮した斜面のヘロン面積計算を行う事が出来ます。
※重要※
終了する場合にはHO_CADPaoを終了する前にExcelを先に終了させる必要があります。